▶詳細検索

漢字「鐙」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「鐙」の書体

明朝体

「鐙」の書体

スポンサーリンク

「鐙」の部首・画数・読み方・意味など

部首

金 (かね・かねへん)

画数

20画

音読み

トウ [1] [2]

訓読み

あぶみ
たかつき

意味

[1] あぶみ。鞍(くら)の両側からさげて、馬に乗るときに足をかける道具。
[2] たかつき。供物を盛る道具。祭器のひとつ。
[2] 火をともす皿。また、ともし火。

漢字検定

準1級

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+9419

[番号]はそれぞれに対応

漢字構成

補足

「音読み」の扱いについては諸説あります。

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る