▶詳細検索

漢字「当」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「当」の書体

教科書体(筆順)

「当」の書体

スポンサーリンク

「当」の部首・画数・読み方・意味など

部首

小 (しょう・しょうがしら・なおがしら)

画数

6画

音読み

【小】 トウ [1] [2]

訓読み

【小】 あ(たる)
【小】 あ(てる)
【△】 まさ(に)

意味

[1] あたる。あてる。ちょうどあてはまる。
[1] あたる。あてる。対抗する。敵対する。
[1] あたる。担う。受け持つ。任務につく。
[1] あたる。その時にあう。するにあたり。
[1] 「まさに~べし」と読み、「~するべきである」「当然~しなければならない」の意を表わす。
[2] あたる。ちょうどよい。適合する。一致する。
[2] 質にいれる。また、質にいれる品。
[2] その時。その場所。

漢字検定

9級

学年

小学校2年生

種別

教育漢字 常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+5F53

異体字


(旧字体)

[番号]はそれぞれに対応
【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

あたる

補足

」の新字体です。

「当」を含むことわざ

『ことわざ辞典「当」』

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る