漢字「明」

明の部首・画数・読み方・意味・明を含む言葉・四字熟語・ことわざなどの情報です。

「明」の書体

明の明朝体
明の教科書体
明の教科書体(筆順付き)
明のゴシック体
明の楷書体
明の行書体
明の草書体
明の隷書体
明の篆書体
  • 明朝体
  • 教科書体
  • 教科書体
    (筆順)
  • ゴシック体
  • 楷書体
  • 行書体
  • 草書体
  • 隷書体
  • 篆書体
クリップボードにコピーしました

「明」の部首・画数・読み方・意味など

部首日(ひ・ひへん・にち・にちへん)
画数8画(日4+4)
音読み小学校で習う読みミョウ
小学校で習う読みメイ
表外読みミン
訓読み小学校で習う読みあ(かす)
小学校で習う読みあか(らむ)
小学校で習う読みあ(かり)
小学校で習う読みあか(るい)
小学校で習う読みあか(るむ)
小学校で習う読みあき(らか)
小学校で習う読みあ(く)
小学校で習う読みあ(くる)
小学校で習う読みあ(ける)
意味あかるい。光が当たってあかるい。
あきらか。はっきりしている。はっきりわかる。
あきらかにする。あかす。
あける。夜があける。日がのぼり、あかるくなる。
あくる。次の。夜や年があけて次の。
あかり。光。あかるくするためのもの。
この世。現在の世。
神。例:明神
みん。王朝の名前。
あき。あく。すき間。すき間ができる。
あかす。あきらかにする。あかるみに出す。
あかす。夜をあかす。眠らずに朝をむかえる。
種別教育漢字常用漢字名前に使える漢字
学年小学校2年生
漢検級9級
JIS水準第1水準
UnicodeU+660E

異体字

     

異体字とは

異体字とは同じ意味・読み方を持つ字体の異なる字のことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
→異体字とは

異体字とは

異体字とは同じ意味・読み方を持つ字体の異なる字のことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
→異体字とは

「明」を含む言葉・熟語

「明」を含む四字熟語

「明」を含む四字熟語(四字熟語辞典)

「明」を含むことわざ

ページ先頭に戻る