読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

キーワードから検索
Keyword Search

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「当」について

「当」の部首・画数・読み方・人名読み・筆順・意味・旧字体・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「当」の部首・画数・読み方・意味など

部首

小 (しょう・しょうがしら・なおがしら)

画数

6画

音読み

【小】 トウ [1] [2]

訓読み

【小】 あ(たる)
【小】 あ(てる)
【△】 まさ(に)

意味

[1] あたる。あてる。ちょうどあてはまる。
[1] あたる。あてる。対抗する。敵対する。
[1] あたる。担う。受け持つ。任務につく。
[1] あたる。その時にあう。するにあたり。
[1] 「まさに~べし」と読み、「~するべきである」「当然~しなければならない」の意を表わす。
[2] あたる。ちょうどよい。適合する。一致する。
[2] 質にいれる。また、質にいれる品。
[2] その時。その場所。

漢字検定

9級

学年

小学校2年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+5F53

異体字


(旧字体)

[番号]はそれぞれに対応
【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

「当」の書体

教科書体(筆順)

「当」の書体

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

あたる

補足

」の新字体です。

「当」を含むことわざ
朝の一時は晩の二時に当たる(あさのひとときはばんのふたときにあたる)
当たった者のふの悪さ(あたったもののふのわるさ)
当たって砕けろ(あたってくだけろ)
当たるも八卦、当たらぬも八卦(あたるもはっけ、あたらぬもはっけ)
当て事と越中褌は向こうから外れる(あてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる)
怒れる拳、笑顔に当たらず(いかれるこぶし、えがおにあたらず)
犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)
火事と葬式に行けば勘当もゆりる(かじとそうしきにいけばかんどうもゆりる)
器量は当座の花(きりょうはとうざのはな)
怪我と弁当は自分持ち(けがとべんとうはじぶんもち)
肯綮に当たる(こうけいにあたる)
鞘当て(さやあて)
太鼓も撥の当たりよう(たいこもばちのあたりよう)
長範が当て飲み(ちょうはんがあてのみ)
箸に当たり棒に当たる(はしにあたりぼうにあたる)
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる(へたなてっぽうもかずうちゃあたる)
弁当は宵から(べんとうはよいから)
弁当持ち先に食わず(べんとうもちさきにくわず)
惚れた腫れたは当座のうち(ほれたはれたはとうざのうち)
我を非として当う者は吾が師なり(われをひとしてむかうものはわがしなり)

キーワードから検索Keyword Search

▶詳細検索

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る