読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「山」について

「山」の部首・画数・読み方・人名読み・筆順・意味・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「山」の部首・画数・読み方・意味など

部首

山 (やま・やまへん・やまかんむり)

画数

3画

音読み

【小】 サン
【△】 セン

訓読み

【小】 やま

意味

やま。高く盛り上がった場所や地形。また、そのような形をしたもの。
寺院。寺院の名につける語。
土を盛ってつくった墓。
[日本] やま。物事の関心が最も高まる所。最高潮。
[日本] やま。「山をはる」「山をかける」は万一の幸運をねらうこと。
[日本] やま。比叡山(ひえいざん)の延暦寺(えんりゃくじ)のこと。

漢字検定

10級

学年

小学校1年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+5C71

[日本]は日本固有の意味
【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

「山」の書体

教科書体(筆順)

「山」の書体

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

たか たかし たけし

安如泰山(あんじょたいざん) 移山造海(いざんぞうかい) 海千山千(うみせんやません)
雲雨巫山(うんうふざん) 回山倒海(かいざんとうかい) 海誓山盟(かいせいさんめい)
河山帯礪(かざんたいれい) 寒山拾得(かんざんじっとく) 顔常山舌(がんじょうざんのした)
箕山之志(きざんのこころざし) 丘山之功(きゅうざんのこう) 窮山幽谷(きゅうざんゆうこく)
挟山超海(きょうざんちょうかい) 空山一路(くうざんいちろ) 葷酒山門(くんしゅさんもん)
愚公移山(ぐこういざん) 荊山之玉(けいざんのぎょく) 剣山刀樹(けんざんとうじゅ)
高臥東山(こうがとうざん) 高山景行(こうざんけいこう) 高山流水(こうざんりゅうすい)
五山十刹(ござんじっせつ) 山海珍味(さんかいのちんみ) 山簡倒載(さんかんとうさい)
山河襟帯(さんがきんたい) 山窮水尽(さんきゅうすいじん) 山窮水断(さんきゅうすいだん)
山高水長(さんこうすいちょう) 山紫水明(さんしすいめい) 山棲谷飲(さんせいこくいん)
山精木魅(さんせいぼくみ) 山精木魅(さんせいもくび) 山川草木(さんせんそうもく)
山藪蔵疾(さんそうぞうしつ) 山村僻邑(さんそんへきゆう) 山中暦日(さんちゅうれきじつ)
山濤識量(さんとうしきりょう) 山容水態(さんようすいたい) 山溜穿石(さんりゅうせんせき)
山霤穿石(さんりゅうせんせき) 山礪河帯(さんれいかたい) 残山剰水(ざんざんじょうすい)
屍山血河(しざんけっか) 屍山血河(しざんけつが) 商山四皓(しょうざんしこう)
商山四皓(しょうざんのしこう) 深山窮谷(しんざんきゅうこく) 深山幽谷(しんざんゆうこく)
常山蛇勢(じょうざんのだせい) 剰水残山(じょうすいざんざん) 人間青山(じんかんせいざん)
仁者楽山(じんしゃらくざん) 水紫山明(すいしさんめい) 水声山色(すいせいさんしょく)
水村山郭(すいそんさんかく) 青山一髪(せいざんいっぱつ) 尺山寸水(せきざんすんすい)
積土成山(せきどせいざん) 千山万水(せんざんばんすい) 千仞之山(せんじんのやま)
千尋之山(せんじんのやま) 泰山圧卵(たいざんあつらん) 太山鴻毛(たいざんこうもう)
泰山鴻毛(たいざんこうもう) 太山之安(たいざんのやすき) 泰山之安(たいざんのやすき)
太山府君(たいざんふくん) 泰山府君(たいざんふくん) 太山府君(たいざんぶくん)
泰山府君(たいざんぶくん) 泰山北斗(たいざんほくと) 大山鳴動(たいざんめいどう)
太山鳴動(たいざんめいどう) 泰山鳴動(たいざんめいどう) 太山梁木(たいざんりょうぼく)
泰山梁木(たいざんりょうぼく) 他山之石(たざんのいし) 治山治水(ちさんちすい)
鋳山煮海(ちゅうさんしゃかい) 鋳山煮海(ちゅうざんしゃかい) 梯山航海(ていざんこうかい)
刀山剣樹(とうざんけんじゅ) 東山高臥(とうざんこうが) 南山捷径(なんざんしょうけい)
南山之寿(なんざんのじゅ) 南山不落(なんざんふらく) 肉山脯林(にくざんほりん)
抜山蓋世(ばつざんがいせい) 跋山渉水(ばつざんしょうすい) 万水千山(ばんすいせんざん)
百二山河(ひゃくにのさんが) 風林火山(ふうりんかざん) 巫山雲雨(ふざんうんう)
巫山之夢(ふざんのゆめ) 放虎帰山(ほうこきざん) 万水千山(まんすいせんざん)
名山勝川(めいざんしょうせん) 物見遊山(ものみゆさん) 山雀利根(やまがらりこん)
游山玩水(ゆうざんがんすい) 游山翫水(ゆうざんがんすい) 遊山玩水(ゆうざんがんすい)
遊山翫水(ゆうざんがんすい) 流水高山(りゅうすいこうざん) 礪山帯河(れいざんたいが)
秋葉山から火事(あきばさんからかじ)
後は野となれ山となれ(あとはのとなれやまとなれ)
一度焼けた山は二度は焼けぬ(いちどやけたやまはにどはやけぬ)
海に千年山に千年(うみにせんねんやまにせんねん)
海の物とも山の物ともつかぬ(うみのものともやまのものともつかぬ)
驚き、桃の木、山椒の木(おどろき、もものき、さんしょのき)
海賊が山賊の罪をあげる(かいぞくがさんぞくのつみをあげる)
風は吹けども山は動せず(かぜはふけどもやまはどうせず)
片山曇れば片山日照る(かたやまくもればかたやまひてる)
枯れ木も山の賑わい(かれきもやまのにぎわい)
来て見ればさほどでもなし富士の山(きてみればさほどでもなしふじのやま)
玉山崩る(ぎょくざんくずる)
国破れて山河在り(くにやぶれてさんがあり)
車は海へ舟は山(くるまはうみへふねはやま)
葷酒、山門に入るを許さず(くんしゅ、さんもんにいるをゆるさず)
愚公、山を移す(ぐこう、やまをうつす)
恋の山には孔子の倒れ(こいのやまにはくじのたおれ)
高山の巓には美木なし(こうざんのいただきにはびぼくなし)
山雨来らんとして、風、楼に満つ(さんうきたらんとして、かぜ、ろうにみつ)
山椒は小粒でもぴりりと辛い(さんしょはこつぶでもぴりりとからい)
山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し(さんちゅうのぞくをやぶるはやすくしんちゅうのぞくをやぶるはかたし)
山中暦日なし(さんちゅうれきじつなし)
坐しても食らえば山も空し(ざしてもくらえばやまもむなし)
鹿を逐う者は山を見ず(しかをおうものはやまをみず)
死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽し(しはあるいはたいざんよりおもく、あるいはこうもうよりかろし)
仁者は山を楽しむ(じんしゃはやまをたのしむ)
船頭多くして、船、山へ登る(せんどうおおくして、ふね、やまへのぼる)
泰山は土壌を譲らず(たいざんはどじょうをゆずらず)
泰山北斗のごとし(たいざんほくとのごとし)
大山鳴動して鼠一匹(たいざんめいどうしてねずみいっぴき)
太山を挟んで北海を超ゆ(たいざんをわきばさんでほっかいをこゆ)
宝の山に入りながら手を空しくして帰る(たからのやまにいりながらてをむなしくしてかえる)
他山の石(たざんのいし)
力山を抜き、気は世を蓋う(ちからやまをぬき、きはよをおおう)
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ(ちしゃはみずをたのしみ、じんしゃはやまをたのしむ)
父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し(ちちのおんはやまよりもたかく、ははのおんはうみよりもふかし)
塵も積もれば山となる(ちりもつもればやまとなる)
妻の言うに向こう山も動く(つまのいうにむこうやまもうごく)
手なくして宝の山に入る(てなくしてたからのやまにいる)
天王山(てんのうざん)
遠目、山越し、笠の内(とおめ、やまごし、かさのうち)
鉈を貸して山を伐られる(なたをかしてやまをきられる)
女房は山の神百国の位(にょうぼうはやまのかみひゃっこくのくらい)
人間至る処、青山あり(にんげんいたるところ、せいざんあり)
日、西山に薄る(ひ、せいざんにせまる)
氷山の一角(ひょうざんのいっかく)
貧乏柿の核沢山(びんぼうがきのさねだくさん)
貧乏人の子沢山(びんぼうにんのこだくさん)
巫山の夢(ふざんのゆめ)
父母の恩は山よりも高く海よりも深し(ふぼのおんはやまよりもたかくうみよりもふかし)
噴火山の上で踊る(ふんかざんのうえでおどる)
目に青葉、山時鳥。初鰹(めにあおば、やまほととぎす。はつがつお)
安きこと泰山の如し(やすきことたいざんのごとし)
山師の玄関(やましのげんかん)
山師山で果てる(やましやまではてる)
山高きが故に貴からず(やまたかきがゆえにたっとからず)
山に躓かずして垤に躓く(やまにつまずかずしててつにつまずく)
山に蛤を求む(やまにはまぐりをもとむ)
山の芋鰻とならず(やまのいもうなぎとならず)
山の芋鰻になる(やまのいもうなぎになる)
山の芋を蒲焼にする(やまのいもをかばやきにする)
山より大きな猪は出ぬ(やまよりおおきないのししはでぬ)
山を掛ける(やまをかける)
律義者の子沢山(りちぎもののこだくさん)
梁山泊(りょうざんぱく)
連山の眉(れんざんのまゆ)

漢字「山」に追加(編集)を希望する情報を送信

「山」の読みや意味などでこのページに未掲載の情報をお知らせください。
情報を入力して「情報を送信ボタン」を押すと送信確認画面へと移行します。
最大5個まで同時に送信できます。(5個以上の場合は数回に分けてお送りください。)

情報の出典(参考にされた辞典など)がございましたら「備考欄」にご記入いただけると幸いです。
また掲載中の情報の不備などにお気づきの際も「備考欄」にご記入をお願いいたします。
できる限り多く・正確な情報を掲載したいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。→漢字情報の追加・編集について

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

Copyright (c) 2012-2017 漢字辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る