漢字「槇」について

槇の部首・画数・読み方・意味・槇を含む言葉などの情報です。

「槇」の書体

槇の明朝体
槇の教科書体
槇のゴシック体
槇の楷書体
槇の行書体
槇の草書体
槇の隷書体
槇の篆書体
  • 明朝体
  • 教科書体
  • 教科書体
    (筆順)
  • ゴシック体
  • 楷書体
  • 行書体
  • 草書体
  • 隷書体
  • 篆書体
クリップボードにコピーしました

「槇」の部首・画数・読み方・意味など

部首木(き・きへん)
画数14画(木4+10)
音読み2番シン
1番テン
訓読みまき
意味1番こずえ。木のこずえ。木の枝の先。
1番木が倒れる。また、倒れた木。
2番木の目が細かい。
まき。こうやまき、いぬまきなどの称。
種別人名用漢字名前に使える漢字
漢検級1級 / 準1級
JIS水準第2水準
UnicodeU+69C7

異体字

     

異体字とは

異体字とは同じ意味・読み方を持つ字体の異なる字のことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
→異体字とは

異体字とは

異体字とは同じ意味・読み方を持つ字体の異なる字のことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
→異体字とは

「槇」を含む言葉・熟語

ページ先頭に戻る