読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

キーワードから検索
Keyword Search

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「居」について

「居」の部首・画数・読み方・筆順・意味・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「居」の部首・画数・読み方・意味など

部首

尸 (しかばね・かばね・しかばねかんむり)

画数

8画

音読み

【小】 キョ [1]
【△】 [2]
【△】 [1]

訓読み

【小】 い(る)
【△】 お(く)
【△】 お(る)

意味

[1] いる。おる。その場所にいる。身をおく。住む。
[1] おく。住まわせる。
[1] おく。とりおく。たくわえる。
[2] や。疑問や呼びかけを表す助字。

漢字検定

6級

学年

小学校5年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+5C45

[番号]はそれぞれに対応
【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

「居」の書体

教科書体(筆順)

「居」の書体

漢字構成

「居」を含むことわざ
安に居て危を思う(あんにいてきをおもう)
行く行くの長居り(いくいくのながおり)
居候、三杯目にはそっと出し(いそうろう、さんばいめにはそっとだし)
居ない者貧乏(いないものびんぼう)
居仏が立ち仏を使う(いぼとけがたちぼとけをつかう)
男は敷居を跨げば七人の敵あり(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)
鬼の居ぬ間に洗濯(おにのいぬまにせんたく)
陰に居て枝を折る(かげにいてえだをおる)
歌人は居ながらにして名所を知る(かじんはいながらにしてめいしょをしる)
奇貨、居くべし(きか、おくべし)
居は気を移す(きょはきをうつす)
愚者の百行より知者の居眠り(ぐしゃのひゃっこうよりちしゃのいねむり)
敷居が高い(しきいがたかい)
敷居を跨げば七人の敵あり(しきいをまたげばしちにんのてきあり)
芝居は一日の早学問(しばいはいちにちのはやがくもん)
小人閑居して不善をなす(しょうじんかんきょしてふぜんをなす)
立ち仏が居仏を使う(たちぼとけがいぼとけをつかう)
治に居て乱を忘れず(ちにいてらんをわすれず)
鳶も居ずまいから鷹に見える(とびもいずまいからたかにみえる)
長居は恐れ(ながいはおそれ)
長居は無用(ながいはむよう)
はやる芝居は外題から(はやるしばいはげだいから)
虫の居所が悪い(むしのいどころがわるい)
楽隠居楽に苦しむ(らくいんきょらくにくるしむ)

キーワードから検索Keyword Search

▶詳細検索

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る