漢字かんじ「子」について

ふりがな表示
漢字「子」

子とは?

子は、こども / ちいさいものなどの意味いみ漢字かんじです。

部首ぶしゅ子部しぶぞくし、画数かくすうは3かくなら学年がくねん小学校しょうがっこう年生ねんせい漢字かんじ検定けんていきゅうは10きゅうです。

かたには、シ / ス / こ / おとこ / ね / みなどがあります。

「子」の部首ぶしゅ画数かくすうかた意味いみなど

部首ぶしゅ子部(こ・こへん・こども・こどもへん)
画数かくすうかく(子3+0)
おん小学校で習う読み
小学校で習う読み
くん小学校で習う読み
表外読みおとこ
表外読み
表外読み
意味いみこ。こども。おやからまれたこども。
おとこ。おとこおとこを「子」、おんなを「女」とする用法ようほう場合ばあい
成人せいじん男性だんせい敬称けいしょう
先生せんせい学問がくもん地位ちいのあるひとたいする敬称けいしょう
思想家しそうか学問がくもん精通せいつうするひと。また、その著書ちょしょやその思想しそう学問がくもんについての書物しょもつ
み。たね。果実かじつ。また、生物せいぶつのたまご。
ちいさいもの。こまかいもの。
五等級ごとうきゅう爵位しゃくいこうこうはくだん)の四番目よんばんめ
ね。十二支じゅうにし一番目いちばんめ方位ほういではきた時刻じこくではよる十二時じゅうにじ、および前後ぜんご二時間にじかん動物どうぶつではねずみ(ねずみ)。
こ。女性じょせいもちいる。
種別しゅべつ教育きょういく漢字かんじ / 常用じょうよう漢字かんじ / 名前なまえ使つかえる漢字かんじ
分類ぶんるい方向ほうこう方位ほうい / 干支えと十二支じゅうにし十干じっかん / 貴族きぞく諸侯しょこう / 爵位しゃくい五爵ごしゃく / かわいい(名付なづけ)
学年がくねん小学校しょうがっこう年生ねんせい
漢字かんじ検定けんてい10きゅう
JIS水準すいじゅんだい水準すいじゅん

※Unicodeは文字もじコードらん移動いどうしました。

「子」の書体しょたい

子の明朝体
子の教科書体
子の教科書体(筆順付き)
子のゴシック体
子の楷書体
子の行書体
子の草書体
子の隷書体
子の篆書体
  • 明朝みんちょうたい
  • 教科書きょうかしょたい
  • 教科書きょうかしょたい筆順ひつじゅん
  • ゴシックたい
  • 楷書かいしょたい
  • 行書ぎょうしょたい
  • 草書そうしょたい
  • 隷書れいしょたい
  • 篆書てんしょたい
クリップボードにコピーしました

異体いたい

異体いたいとは

異体いたいとはおな意味いみかた字体じたいことなるのことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
異体いたいとは

文字もじコード

UnicodeU+5B50
JIS X 02131-27-50めんてん番号ばんごう
Shift_JIS-20048E71
MJ文字もじ図形名ずけいめいMJ010051
戸籍こせき統一とういつ文字もじ番号ばんごう078840
住基じゅうきネット統一とういつ文字もじコードJ+5B50

検字けんじ番号ばんごう

検字けんじ番号ばんごうとは

検字けんじ番号ばんごうとは、辞典内じしょないでの漢字かんじ掲載けいさい位置いちしめ番号ばんごうです。
先頭せんとうからじゅん番号ばんごうられているため、検字けんじ番号ばんごうちいさければ前方ぜんぽうのページ、検字けんじ番号ばんごうおおきければ後方こうほうのページに掲載けいさいされていることがかるため、目的もくてき漢字かんじ掲載けいさいされたページにたどりうえ役立やくだちます。
検字けんじ番号ばんごうは「漢字かんじ番号ばんごう」「親字おやじ番号ばんごう」などともばれます。

大漢和だいかんわ辞典じてん6930
日本語にほんご漢字かんじ辞典じてん2485
新大字典しんだいじてん3390
大字源だいじげん2005
大漢語林だいかんごりん2443

漢字かんじ構成こうせい

「子」をふく漢字かんじ

「子」をふく漢字かんじすべ

常用じょうよう漢字かんじひょう付表ふひょう

  • 小学校で習う読み迷子(まいご)
  • 中学校で習う読み息子(むすこ)
  • 小学校で習う語小学校しょうがっこうなら
  • 中学校で習う語中学校ちゅうがっこうなら

難読なんどく

  • 黒子(ほくろ)

人名じんめいみ・のり(名前なまえでのみ)

  • たか
  • とし
  • やす

「子」をふく名前なまえ

「子」を含む名前を全て見る

「子」をふく名字みょうじ

「子」をふく名字みょうじすべ

「子」をふく地名ちめい

「子」をふく地名ちめいすべ

「子」をふく言葉ことば熟語じゅくご

「子」をふく四字よじ熟語じゅくご

「子」をふくむことわざ

「子」をふくむことわざをすべ
ページ先頭に戻る