▶詳細検索

漢字「佗」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「佗」の書体

明朝体

「佗」の書体

スポンサーリンク

「佗」の部首・画数・読み方・意味など

部首

人 亻 (ひと・にんべん・ひとがしら・ひとやね)

画数

7画

音読み

訓読み

にな(う)
ほか
わび
わび(しい)
わ(びる)

意味

になう。せおう。負う。
ほか。べつの。=
引く。引きずる。
[日本] わび。閑寂な趣。茶道や俳句における理想理念。「」の誤用。
[日本] わびしい。ものさびしい。「」の誤用。
[日本] わびる。さびしい。つらい。相手に謝罪をする。「」の誤用。

漢字検定

1級

JIS水準

JIS第2水準

Unicode

U+4F57

[日本]は日本固有の意味

漢字構成

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る