漢字かんじ「虐」について

ふりがな表示
漢字「虐」

虐とは?

虐は、むごい / 手荒てあらい / きびしい / しいたげる / いじめる / むごくあつかなどの意味いみ漢字かんじです。

部首ぶしゅ虍部こぶぞくし、画数かくすうは9かく漢字かんじ検定けんていきゅうは3きゅうです。

かたには、ギャク / しいた(げる) / むご(い)などがあります。

「虐」の部首ぶしゅ画数かくすうかた意味いみなど

部首ぶしゅ虍部(とらかんむり・とらがしら・とら)
画数かくすうかく(虍6+3)
おん中学校で習う読みギャク
くん高校で習う読みしいた(げる)
表外読みむご(い)
意味いみしいたげる。いじめる。いためる。むごくあつかう。そこなう。
むごい。手荒てあらい。きびしい。
わざわい。
種別しゅべつ常用じょうよう漢字かんじ / 名前なまえ使つかえる漢字かんじ
漢字かんじ検定けんていきゅう
JIS水準すいじゅんだい水準すいじゅん

※Unicodeは文字もじコードらん移動いどうしました。

「虐」の書体しょたい

虐の明朝体
虐の教科書体
虐の教科書体(筆順付き)
虐のゴシック体
虐の楷書体
虐の行書体
虐の草書体
虐の隷書体
虐の篆書体
  • 明朝みんちょうたい
  • 教科書きょうかしょたい
  • 教科書きょうかしょたい筆順ひつじゅん
  • ゴシックたい
  • 楷書かいしょたい
  • 行書ぎょうしょたい
  • 草書そうしょたい
  • 隷書れいしょたい
  • 篆書てんしょたい
クリップボードにコピーしました

異体いたい

異体いたいとは

異体いたいとはおな意味いみかた字体じたいことなるのことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
異体いたいとは

文字もじコード

UnicodeU+8650
JIS X 02131-21-52めんてん番号ばんごう
Shift_JIS-20048B73
MJ文字もじ図形名ずけいめいMJ023278
MJ023279
戸籍こせき統一とういつ文字もじ番号ばんごう371680(MJ023278)
371690(MJ023279)
住基じゅうきネット統一とういつ文字もじコードJ+BAB0(MJ023278)
J+8650(MJ023279)

文字もじ図形ずけい(MJ文字もじ図形名ずけいめい)が複数あるため、戸籍こせき統一とういつ文字もじ番号ばんごう住基じゅうきネット統一とういつ文字もじコードらんにはそれぞれに対応たいおうするものをカッコ()で表示ひょうじしています。

検字けんじ番号ばんごう

検字けんじ番号ばんごうとは

検字けんじ番号ばんごうとは、辞典内じしょないでの漢字かんじ掲載けいさい位置いちしめ番号ばんごうです。
先頭せんとうからじゅん番号ばんごうられているため、検字けんじ番号ばんごうちいさければ前方ぜんぽうのページ、検字けんじ番号ばんごうおおきければ後方こうほうのページに掲載けいさいされていることがかるため、目的もくてき漢字かんじ掲載けいさいされたページにたどりうえ役立やくだちます。
検字けんじ番号ばんごうは「漢字かんじ番号ばんごう」「親字おやじ番号ばんごう」などともばれます。

大漢和だいかんわ辞典じてん32678
32678
日本語にほんご漢字かんじ辞典じてん11120
11121
新大字典しんだいじてん14500
14501
大字源だいじげん8673
8674
大漢語林だいかんごりん9949
9950

漢字かんじ構成こうせい

「虐」をふく漢字かんじ

ページ先頭に戻る