漢字「楚」について

楚の部首・画数・読み方・意味・楚を含む言葉・四字熟語などの情報です。

「楚」の書体

楚の明朝体
楚の教科書体
楚の教科書体(筆順付き)
楚のゴシック体
楚の楷書体
楚の行書体
楚の草書体
楚の隷書体
楚の篆書体
  • 明朝体
  • 教科書体
  • 教科書体
    (筆順)
  • ゴシック体
  • 楷書体
  • 行書体
  • 草書体
  • 隷書体
  • 篆書体
クリップボードにコピーしました

「楚」の部首・画数・読み方・意味など

部首木(き・きへん)
画数13画(木4+9)
音読み
訓読みいばら
しもと
すわえ
むち
意味にんじんぼく。クマツヅラ科の落葉低木。
いばら。とげのある小木。
むち。刑罰に用いるむち。
国名。戦国時代の七雄の一つ。
国名。五代十国時代の国。
すわえ。まっすぐに伸びた小枝。
すわえ。しもと。刑罰用のむち。
種別人名用漢字名前に使える漢字
漢検級準1級
JIS水準第1水準
UnicodeU+695A

異体字

     

異体字とは

異体字とは同じ意味・読み方を持つ字体の異なる字のことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
→異体字とは

異体字とは

異体字とは同じ意味・読み方を持つ字体の異なる字のことです。
※ 「万」-「萬」 「竜」-「龍」 「国」-「國」 など
→異体字とは

「楚」を含む言葉・熟語

「楚」を含む四字熟語

「楚」を含む四字熟語を全て見る
ページ先頭に戻る