読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

キーワードから検索
Keyword Search

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「焼」について

「焼」の部首・画数・読み方・筆順・意味・旧字体・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「焼」の部首・画数・読み方・意味など

部首

火 灬 (ひ・ひへん・れっか・れんが)

画数

12画

音読み

【中】 ショウ [1] [2]

訓読み

【小】 や(く)
【小】 や(ける)
【△】 く(べる)

意味

[1] やく。やける。火で燃やす。たく。
[1] 酒の一種。蒸留酒。
[2] 野火。野焼き。また、火事。
[日本] 手をやく。世話をやく。
[日本] やく。ねたむ。嫉妬する。

漢字検定

7級

学年

小学校4年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+713C

異体字


(旧字体)

[番号]はそれぞれに対応
[日本]は日本固有の意味
【小】は小学校で習う読み
【中】は中学校で習う読み
【△】は表外読み

「焼」の書体

教科書体(筆順)

「焼」の書体

漢字構成

全て表示する

補足

」の新字体です。

「焼」を含むことわざ
一度焼けた山は二度は焼けぬ(いちどやけたやまはにどはやけぬ)
いらぬお世話の蒲焼(いらぬおせわのかばやき)
欠き餅と焼き餅は焼くほどよい(かきもちとやきもちはやくほどよい)
薫は香を以て自ら焼く(くんはこうをもってみずからやく)
魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよ(さかなはとのさまにやかせよもちはこじきにやかせよ)
千日の萱を一日に焼く(せんにちのかやをいちにちにやく)
その手は桑名の焼き蛤(そのてはくわなのやきはまぐり)
付き合いなら家でも焼く(つきあいならいえでもやく)
付け焼き刃(つけやきば)
付け焼き刃はなまり易い(つけやきばはなまりやすい)
煮ても焼いても食えない(にてもやいてもくえない)
一口物に頬焼く(ひとくちものにほおやく)
餅は乞食に焼かせよ魚は殿様に焼かせよ(もちはこじきにやかせよさかなはとのさまにやかせよ)
焼きが回る(やきがまわる)
焼き餅と欠き餅は焼く方が良い(やきもちとかきもちはやくほうがよい)
焼き餅は狐色(やきもちはきつねいろ)
焼き餅焼くとて手を焼くな(やきもちやくとててをやくな)
焼け跡の釘拾い(やけあとのくぎひろい)
焼け石に水(やけいしにみず)
焼けたあとは立つが死んだあとは立たぬ(やけたあとはたつがしんだあとはたたぬ)
焼野の雉子、夜の鶴(やけののきぎす、よるのつる)
焼け木杭には火がつきやすい(やけぼっくいにはひがつきやすい)
山の芋を蒲焼にする(やまのいもをかばやきにする)
夕焼けに鎌を研げ(ゆうやけにかまをとげ)
林間に酒を煖めて紅葉を焼く(りんかんにさけをあたためてこうようをたく)

キーワードから検索Keyword Search

▶詳細検索

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る