読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

キーワードから検索
Keyword Search

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「知」について

「知」の部首・画数・読み方・人名読み・筆順・意味・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「知」の部首・画数・読み方・意味など

部首

矢 (や・やへん)

画数

8画

音読み

【小】 [1] [2]

訓読み

【小】 し(る)
【△】 し(らせる)
意味 [1] しる。さとる。みとめる。感じる。わかる。
[1] しらせ。しらせる。
[1] しりあい。相手をしっている。
[1] しっている事がら。例:知識
[1] おさめる。つかさどる。
[2] ちえ。考える能力。物事の本質を見抜く力。

漢字検定

9級

学年

小学校2年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+77E5

[番号]はそれぞれに対応
【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

「知」の書体

教科書体(筆順)

「知」の書体

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

あき あきら おき かず さと さとし さとり さとる ちか つぐ とし とも のり はる

「知」を含む四字熟語
一葉知秋(いちようちしゅう) 一知半解(いっちはんかい) 温故知新(おんこちしん)
格物致知(かくぶつちち) 奸知術数(かんちじゅっすう) 姦知術数(かんちじゅっすう)
奸佞邪知(かんねいじゃち) 姦佞邪知(かんねいじゃち) 学知利行(がくちりこう)
愚痴無知(ぐちむち) 傾蓋知己(けいがいのちき) 言者不知(げんしゃふち)
困知勉行(こんちべんこう) 五十知命(ごじゅうちめい) 思索生知(しさくしょうち)
思索生知(しさくせいち) 周知徹底(しゅうちてってい) 少欲知足(しょうよくちそく)
邪知暴虐(じゃちぼうぎゃく) 受胎告知(じゅたいこくち) 生知安行(せいちあんこう)
先刻承知(せんこくしょうち) 先知先覚(せんちせんがく) 全知全能(ぜんちぜんのう)
蚤知之士(そうちのし) 聡明叡知(そうめいえいち) 大智不知(だいちふち)
知己朋友(ちきほうゆう) 知行合一(ちこうごういつ) 知者不言(ちしゃふげん)
知者不惑(ちしゃふわく) 知者楽水(ちしゃらくすい) 知小謀大(ちしょうぼうだい)
知崇礼卑(ちすうれいひ) 知足安分(ちそくあんぶん) 知足不辱(ちそくふじょく)
致知格物(ちちかくぶつ) 知徳俊英(ちとくしゅんえい) 知謀浅短(ちぼうせんたん)
知目行足(ちもくぎょうそく) 知勇兼備(ちゆうけんび) 知略縦横(ちりゃくじゅうおう)
頓知頓才(とんちとんさい) 桐葉知秋(どうようちしゅう) 独知之契(どくちのけい)
佞奸邪知(ねいかんじゃち) 半解半知(はんかいはんち) 半知半解(はんちはんかい)
不知案内(ふちあんない) 不知不徳(ふちふとく) 朋友知己(ほうゆうちき)
無学無知(むがくむち) 無知愚昧(むちぐまい) 無知蒙昧(むちもうまい)
無知文盲(むちもんもう) 問牛知馬(もんぎゅうちば) 文殊知恵(もんじゅのちえ)
良知良能(りょうちりょうのう) 冷暖自知(れいだんじち)  
「知」を含むことわざ
相対のことはこちゃ知らぬ(あいたいのことはこちゃしらぬ)
明日知らぬ世(あすしらぬよ)
過ちを観て仁を知る(あやまちをみてじんをしる)
息の臭きは主知らず(いきのくさきはぬししらず)
衣食足りて礼節を知る(いしょくたりてれいせつをしる)
一文惜しみの百知らず(いちもんおしみのひゃくしらず)
一葉落ちて天下の秋を知る(いちようおちててんかのあきをしる)
一を聞いて十を知る(いちをきいてじゅうをしる)
一を識りて二を知らず(いちをしりてにをしらず)
一丁字を知らず(いっていじをしらず)
井の中の蛙大海を知らず(いのなかのかわずたいかいをしらず)
易者、身の上知らず(えきしゃ、みのうえしらず)
燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや)
大男総身に知恵が回りかね(おおおとこそうみにちえがまわりかね)
おっと合点承知之助(おっとがってんしょうちのすけ)
親の心、子知らず(おやのこころ、こしらず)
親の十七、子は知らぬ(おやのじゅうしち、こはしらぬ)
女の知恵は鼻の先(おんなのちえははなのさき)
陰陽師、身の上知らず(おんようじ、みのうえしらず)
嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず(かこうありといえどもくらわずんばそのうまきをしらず)
歌人は居ながらにして名所を知る(かじんはいながらにしてめいしょをしる)
彼を知り己を知れば百戦殆うからず(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)
嫌いは知らぬの唐名(きらいはしらぬのからな)
臭いもの身知らず(くさいものみしらず)
食らえどもその味わいを知らず(くらえどもそのあじわいをしらず)
愚者の百行より知者の居眠り(ぐしゃのひゃっこうよりちしゃのいねむり)
経験は知恵の父記憶の母(けいけんはちえのちちきおくのはは)
後悔は知恵の緒(こうかいはちえのいとぐち)
小男の総身の知恵も知れたもの(こおとこのそうみのちえもしれたもの)
子の心、親知らず(このこころ、おやしらず)
子を知ること父に若くはなし(こをしることちちにしくはなし)
子を持って知る親の恩(こをもってしるおやのおん)
猿知恵(さるぢえ)
三人知れば世界中(さんにんしればせかいじゅう)
三人寄れば文殊の知恵(さんにんよればもんじゅのちえ)
四知(しち)
知ったか振りの恥搔き(しったかぶりのはじかき)
知ったが病(しったがやまい)
知って知らざれ(しってしらざれ)
知って問うは礼なり(しってとうはれいなり)
疾風に勁草を知る(しっぷうにけいそうをしる)
士は己を知る者の為に死す(しはおのれをしるもののためにしす)
知らざるを知らずと為せ、是れしるなり(しらざるをしらずとなせ、これしるなり)
知らずば半分値(しらずばはんぶんね)
知らずば人に問え(しらずばひとにとえ)
知らぬ顔の半兵衛(しらぬかおのはんべえ)
知らぬ神より馴染みの鬼(しらぬかみよりなじみのおに)
知らぬが仏(しらぬがほとけ)
知らぬ京物語(しらぬきょうものがたり)
知らぬは亭主ばかりなり(しらぬはていしゅばかりなり)
知らぬ仏より馴染みの鬼(しらぬほとけよりなじみのおに)
知りて知らざれ(しりてしらざれ)
知る人ぞ知る(しるひとぞしる)
知る者は言わず言う者は知らず(しるものはいわずいうものはしらず)
地獄にも知る人(じごくにもしるひと)
自慢は知恵の行き止まり(じまんはちえのいきどまり)
上戸は毒を知らず下戸は薬を知らず(じょうごはどくをしらずげこはくすりをしらず)
上知と下愚とは移らず(じょうちとかぐとはうつらず)
仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず(じんしゃはうれえず、ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず)
進むを知りて退くを知らず(すすむをしりてしりぞくをしらず)
世間知らずの高枕(せけんしらずのたかまくら)
瀬を踏んで淵を知る(せをふんでふちをしる)
倉廩実ちて礼節を知る(そうりんみちてれいせつをしる)
その一を識りてその二を知らず(そのいちをしりてそのにをしらず)
その子を知らざればその友を視よ(そのこをしらざればそのともをみよ)
高が知れる(たかがしれる)
尊い寺は門から知れる(たっといてらはもんからしれる)
民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず(たみはこれによらしむべし、これをしらしむべからず)
足る事を知る(たることをしる)
足るを知る者は富む(たるをしるものはとむ)
誰か烏の雌雄を知らんや(たれかからすのしゆうをしらんや)
抱いた子の塵を食うを知らぬ(だいたこのちりをくうをしらぬ)
知音(ちいん)
知恵多ければ憤り多し(ちえおおければいきどおりおおし)
知恵と力は重荷にならぬ(ちえとちからはおもににならぬ)
知恵ない神に知恵付ける(ちえないかみにちえつける)
知恵の鏡も曇る(ちえのかがみもくもる)
知恵は小出しにせよ(ちえはこだしにせよ)
知恵は万代の宝(ちえはばんだいのたから)
知己(ちき)
知者は惑わず、勇者は懼れず(ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず)
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ(ちしゃはみずをたのしみ、じんしゃはやまをたのしむ)
知命(ちめい)
町内で知らぬは亭主ばかりなり(ちょうないでしらぬはていしゅばかりなり)
手の舞、足の踏む所を知らず(てのまい、あしのふむところをしらず)
天知る地知る我知る人知る(てんしるちしるわれしるひとしる)
冬至十日経てば阿呆でも知る(とうじとおかたてばあほうでもしる)
遠きを知りて近きを知らず(とおきをしりてちかきをしらず)
歳寒くして松柏の凋むに後るるを知る(としさむくしてしょうはくのしぼむにおくるるをしる)
富は一生の宝、知は万代の宝(とみはいっしょうのたから、ちはばんだいのたから)
ないが極楽、知らぬが仏(ないがごくらく、しらぬがほとけ)
流れを汲みて源を知る(ながれをくみてみなもとをしる)
汝自身を知れ(なんじじしんをしれ)
人相見の我が身知らず(にんそうみのわがみしらず)
猫は虎の心を知らず(ねこはとらのこころをしらず)
箱根知らずの江戸話(はこねしらずのえどばなし)
恥を知らねば恥搔かず(はじをしらねばはじかかず)
早寝早起き、病知らず(はやねはやおき、やまいしらず)
人は足るを知らざるを苦しむ(ひとはたるをしらざるをくるしむ)
人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり(ひとをしるものはちなり、みずからしるものはめいなり)
百も承知、二百も合点(ひゃくもしょうち、にひゃくもがてん)
故きを温ねて新しきを知る(ふるきをたずねてあたらしきをしる)
下手があるので上手が知れる(へたがあるのでじょうずがしれる)
見知らずの口叩き(みしらずのくちたたき)
見ぬは極楽、知らぬは仏(みぬはごくらく、しらぬはほとけ)
実の生る木は花から知れる(みのなるきははなからしれる)
虫が知らせる(むしがしらせる)
文殊も知恵のこぼれ(もんじゅもちえのこぼれ)
八幡の藪知らず(やわたのやぶしらず)
欲を知らねば身が立たぬ(よくをしらねばみがたたぬ)
由らしむべし知らしむべからず(よらしむべししらしむべからず)
流言は知者に止まる(りゅうげんはちしゃにとどまる)
両方聞いて下知をなせ(りょうほうきいてげちをなせ)
論語読みの論語知らず(ろんごよみのろんごしらず)
我が身の臭さ我知らず(わがみのくささわれしらず)
我が身を抓って人の痛さを知れ(わがみをつねってひとのいたさをしれ)
忘れたと知らぬには手がつかぬ(わすれたとしらぬにはてがつかぬ)

キーワードから検索Keyword Search

▶詳細検索

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る