▶詳細検索

漢字「浹」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「浹」の書体

明朝体

「浹」の書体

スポンサーリンク

「浹」の部首・画数・読み方・意味など

部首

水 氵 氺 (みず・さんずい・したみず)

画数

10画

音読み

ショウ

訓読み

あまね(し)
うるお(う)
うるお(す)
とお(る)
めぐ(る)

意味

あまねし。広く行き渡る。全体に行き渡る。
通る。貫通する。
うるおう。うるおす。水が全体に行きわたる。
めぐる。ひとめぐりする。ひとまわりする。

漢字検定

1級

JIS水準

JIS第2水準

Unicode

U+6D79

異体字

異体字

漢字構成

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る