▶詳細検索

漢字「鳴」について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「鳴」の書体

教科書体(筆順)

「鳴」の書体

スポンサーリンク

「鳴」の部首・画数・読み方・意味など

部首

鳥 (とり・とりへん)

画数

14画

音読み

【小】 メイ
【△】 ミョウ

訓読み

【小】 な(く)
【小】 な(らす)
【小】 な(る)

意味

なく。鳥や獣、虫などが声を出す。
なる。ならす。物が音を出す。
なる。なりひびく。名声が広く伝わる。

漢字検定

9級

学年

小学校2年生

種別

教育漢字 常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+9CF4

【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

なり

「鳴」を含むことわざ

『ことわざ辞典「鳴」』

運営サイト一覧

プライバシーポリシー | お問い合わせ

スマートフォンパソコン

掲載内容の無断転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る