▶詳細検索

「弐」の部首・画数・読み方・人名読み・筆順・意味・旧字体・四字熟語など

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「弐」の書体

教科書体(筆順)

「弐」の書体

スポンサーリンク

「弐」の部首・画数・読み方・意味など

部首

弋 (しきがまえ・よく)

画数

6画

音読み

【中】
【△】

訓読み

【△】 ふた
【△】 ふた(つ)

意味

ふた。ふたつ。=
ふたたび。再度。=
そむく。うらぎる。ふたごころがある。
そえる。そばにそえる。加える。
契約書などの文書で、書き換えを防ぐために「」の代わりに用いる大字
[日本] すけ。四等官(シトウカン)で、大宰府の第二位。

漢字検定

4級

種別

常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+5F10

異体字


(旧字体)

[日本]は日本固有の意味
【中】は中学校で習う読み
【△】は表外読み

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

すけ

補足

」の新字体です。

漢字「弐」に追加(編集)を希望する情報を送信

「弐」の読みや意味などでこのページに未掲載の情報をお知らせください。
情報を入力して「情報を送信ボタン」を押すと送信確認画面へと移行します。
最大5個まで同時に送信できます。(5個以上の場合は数回に分けてお送りください。)

情報の出典(参考にされた辞典など)がございましたら「備考欄」にご記入いただけると幸いです。
また掲載中の情報の不備などにお気づきの際も「備考欄」にご記入をお願いいたします。
できる限り多く・正確な情報を掲載したいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。→漢字情報の追加・編集について

運営サイト一覧

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典オンライン

ページ先頭に戻る