読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

キーワードから検索
Keyword Search

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「雪」について

「雪」の部首・画数・読み方・人名読み・筆順・意味・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「雪」の部首・画数・読み方・意味など

部首

雨 (あめ・あめかんむり・あまかんむり)

画数

11画

音読み

【小】 セツ

訓読み

【小】 ゆき
【△】 すす(ぐ)
【△】 そそ(ぐ)

意味

ゆき。空から落ちてくるゆき。
ゆきふる。ゆきが降る。
すすぐ。そそぐ。清める。

漢字検定

9級

学年

小学校2年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+96EA

異体字

異体字
(旧字体)

【小】は小学校で習う読み
【△】は表外読み

「雪」の書体

教科書体(筆順)

「雪」の書体

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

きよ きよし きよみ きよむ すすむ

「雪」を含むことわざ
空き家の雪隠(あきやのせっちん)
会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)
考えは雪隠(かんがえはせっちん)
蛍雪(けいせつ)
蛍雪の功(けいせつのこう)
香炉峰の雪は簾をかかげて見る(こうろほうのゆきはすだれをかかげてみる)
雪駄の裏に灸(せったのうらにきゅう)
雪駄の土用干し(せったのどようぼし)
雪隠詰め(せっちんづめ)
雪隠で饅頭(せっちんでまんじゅう)
雪上に霜を加う(せつじょうにしもをくわう)
鱈汁と雪道は後が良い(たらじるとゆきみちはあとがよい)
月雪花は一度に眺められぬ(つきゆきはなはいちどにながめられぬ)
天地、夏冬、雪と墨(てんち、なつふゆ、ゆきとすみ)
年寄りの達者、春の雪(としよりのたっしゃ、はるのゆき)
春の雪とおばの杖は怖くない(はるのゆきとおばのつえはこわくない)
冬の雪売り(ふゆのゆきうり)
宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元(やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと)
柳に雪折れなし(やなぎにゆきおれなし)
闇夜に烏、雪に鷺(やみよにからす、ゆきにさぎ)
雪と墨(ゆきとすみ)
雪の明日は裸虫の洗濯(ゆきのあしたははだかむしのせんたく)
雪の上に霜(ゆきのうえにしも)
雪は豊年の瑞(ゆきはほうねんのしるし)
我が物と思えば軽し笠の雪(わがものとおもえばかるしかさのゆき)

キーワードから検索Keyword Search

▶詳細検索

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

ページ先頭に戻る