読みから検索(音訓) 画数から検索 漢検の級から検索 部首の画数から検索 部首の読みから検索 構成から検索

▶詳細検索

  1. 漢字辞典オンライン >
  2. 漢字「時」について

「時」の部首・画数・読み方・人名読み・筆順・意味・四字熟語・ことわざなど

スポンサーリンク

「時」の部首・画数・読み方・意味など

部首

日 (ひ・ひへん・にち・にちへん)

画数

10画

音読み

【小】

訓読み

【小】 とき

意味

とき。四季。四時は春・夏・秋・冬の四つの季節のこと。
とき。時間。一日を二十四分(昔は十二分)したもの。
とき。ときの流れ。月日の移り行き。
とき。機会。ちょうどよい時期。

漢字検定

9級

学年

小学校2年生

種別

教育漢字
常用漢字

JIS水準

JIS第1水準

Unicode

U+6642

異体字

異体字

異体字2

【小】は小学校で習う読み

「時」の書体

教科書体(筆順)

「時」の書体

漢字構成

人名読み・名のり(名前での読み)

これ ちか はる もち ゆき よし より

挨拶は時の氏神(あいさつはときのうじがみ)
朝顔の花一時(あさがおのはないっとき)
朝の一時は晩の二時に当たる(あさのひとときはばんのふたときにあたる)
会った時は笠をぬげ(あったときはかさをぬげ)
あの声で蜥蜴食らうか時鳥(あのこえでとかげくらうかほととぎす)
ある時は米の飯(あるときはこめのめし)
ある時払いの催促なし(あるときばらいのさいそくなし)
丑の時参り(うしのときまいり)
往時渺茫としてすべて夢に似たり(おうじびょうぼうとしてすべてゆめににたり)
書き入れ時(かきいれどき)
勝つも負けるも時の運(かつもまけるもときのうん)
悲しい時は身一つ(かなしいときはみひとつ)
叶わぬ時には親を出せ(かなわぬときにはおやをだせ)
叶わぬ時の神頼み(かなわぬときのかみだのみ)
借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔(かりるときのじぞうがお、かえすときのえんまがお)
彼も一時、此れも一時(かれもいちじ、これもいちじ)
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ)
気の利いた化け物は引っ込む時分(きのきいたばけものはひっこむじぶん)
金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)
草木も眠る丑三つ時(くさきもねむるうしみつどき)
苦しい時には親を出せ(くるしいときにはおやをだせ)
苦しい時の神頼み(くるしいときのかみだのみ)
孝行のしたい時分に親はなし(こうこうのしたいじぶんにおやはなし)
孔子も時に遇わず(こうしもときにあわず)
子で子にならぬ時鳥(こでこにならぬほととぎす)
事ある時は仏の足を戴く(ことあるときはほとけのあしをいただく)
碁打ちに時なし(ごうちにときなし)
勝負は時の運(しょうぶはときのうん)
時好に投ずる(じこうにとうずる)
地震の時は竹薮に逃げろ(じしんのときはたけやぶににげろ)
仙人の千年、蜉蝣の一時(せんにんのせんねん、かげろうのいっとき)
銭ある時は鬼をも使う(ぜにあるときはおにをもつかう)
即時一杯の酒(そくじいっぱいのさけ)
粗相も時の一興(そそうもときのいっきょう)
他人は時の花(たにんはときのはな)
卵を見て時夜を求む(たまごをみてじやをもとむ)
茶腹も一時(ちゃばらもいっとき)
仲裁は時の氏神(ちゅうさいはときのうじがみ)
適時の一針は九針の手間を省く(てきじのいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)
天勾践を空しゅうすること莫れ、時に范蠡なきにしも非ず(てんこうせんをむなしゅうすることなかれ、ときにはんれいなきにしもあらず)
天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず(てんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず)
時に遇えば鼠も虎になる(ときにあえばねずみもとらになる)
時の氏神(ときのうじがみ)
時の花を挿頭にせよ(ときのはなをかざしにせよ)
時の用には鼻を削げ(ときのようにははなをそげ)
時は得難くして失い易し(ときはえがたくしてうしないやすし)
時は金なり(ときはかねなり)
時を得た一針は九針の手間を省く(ときをえたいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)
ない時の辛抱、ある時の倹約(ないときのしんぼう、あるときのけんやく)
鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥(なかぬならなくまでまとうほととぎす)
鳴くまで待とう時鳥(なくまでまとうほととぎす)
二八月は船頭のあぐみ時(にはちがつはせんどうのあぐみどき)
年貢の納め時(ねんぐのおさめどき)
上り一日、下り一時(のぼりいちにち、くだりいっとき)
花一時、人一盛り(はないっとき、ひとひとさかり)
化け物も引っ込む時分(ばけものもひっこむじぶん)
日陰の豆も時が来ればはぜる(ひかげのまめもときがくればはぜる)
ひだるい時にまずい物なし(ひだるいときにまずいものなし)
一時違えば三里の遅れ(ひとときちがえばさんりのおくれ)
人の踊る時は踊れ(ひとのおどるときはおどれ)
人の情けは世にある時(ひとのなさけはよにあるとき)
ひもじい時にまずい物なし(ひもじいときにまずいものなし)
貧乏難儀は時の回り(びんぼうなんぎはときのまわり)
無精者の一時働き(ぶしょうもののいっときばたらき)
ホメロスすら時に失策を犯す(ほめろすすらときにしっさくをおかす)
まさかの時の友こそ真の友(まさかのときのともこそしんのとも)
学びて時に之を習う亦説ばしからずや(まなびてときにこれをならうまたよろこばしからずや)
無常の風は時を選ばず(むじょうのかぜはときをえらばず)
目に青葉、山時鳥。初鰹(めにあおば、やまほととぎす。はつがつお)
雌鳥につつかれて時をうたう(めんどりにつつかれてときをうたう)
物には時節(ものにはじせつ)
用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔(ようあるときのじぞうがお、ようなきときのえんまがお)
ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよ(ろーまにいるときはろーまのひとがするとおりにせよ)
若い時旅をせねば老いての物語がない(わかいときたびをせねばおいてのものがたりがない)
若い時の苦労は買うてもせよ(わかいときのくろうはこうてもせよ)
若い時は二度ない(わかいときはにどない)

漢字「時」に追加(編集)を希望する情報を送信

「時」の読みや意味などでこのページに未掲載の情報をお知らせください。
情報を入力して「情報を送信ボタン」を押すと送信確認画面へと移行します。
最大5個まで同時に送信できます。(5個以上の場合は数回に分けてお送りください。)

情報の出典(参考にされた辞典など)がございましたら「備考欄」にご記入いただけると幸いです。
また掲載中の情報の不備などにお気づきの際も「備考欄」にご記入をお願いいたします。
できる限り多く・正確な情報を掲載したいと考えております。
ご協力よろしくお願いいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。→漢字情報の追加・編集について

スポンサーリンク

読み検索(音訓)

   
       

画数検索

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画
31画 32画 33画
34画 35画 36画

漢検の級(学年)

1級/準1級
1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

その他の検索

おすすめの辞典

漢字一覧表

漢字情報

サイト情報

運営サイト

表示:スマートフォンパソコン

サイト内の不備やお気づきの点などがございましたらお問い合わせよりご一報お願い致します。

引用元を明記したリンクを設置している場合を除き、掲載内容の転載を禁止致します。

Copyright (c) 2012-2017 漢字辞典オンライン All right reserved

ページ先頭に戻る